2021/06/09
「待ち遠しい11年ぶりの大谷海岸の海開き、近くに分譲地あります!」
先日の日曜日は、気仙沼市本吉町の大谷海岸に作られたサンドアートの七福神を見に行ってきました。
この作品は、プロのサンドアート彫刻家で、世界チャンピオンの保坂俊彦さんを招いて開催された『砂の造形大会』で、制作された作品です。

今年は、11年ぶりに大谷海岸で海開きを開催する予定で準備が進められているとのこと。
新型コロナウィルスの感染状況によるそうですが、6月下旬に海開きを行い、7月17日から8月22日の予定で海水浴場が開かれるとのことです。

この春には、三陸沿岸道の開通と道の駅大谷海岸のリニューアルオープンして、地域の拠点も出来上がり、気仙沼市本吉町の大谷地区は、これから活気あふれる地域になっていくことでしょう。

ヨシダホームでは、まちづくりが進む大谷地区に分譲住宅地を整備しております。

気仙沼市本吉町寺沢地区にある分譲地は、大谷海岸の海水浴場や道の駅や、三陸沿岸道の大谷海岸インターチェンジから、車で5分ほどのアクセス良好で、周辺は自然豊かで閑静な住宅地です。

近くには大谷幼稚園や大谷小学校、中学校などの教育施設も揃っていて、気仙沼での移住・定住をお考え中の子育てご家族におすすめです。


さらにもうひとつ、気仙沼市街地中心部に近い面瀬地区の住宅地もご紹介。

気仙沼市岩月宝ヶ沢地区にある住宅地は、三陸沿岸道の気仙沼中央インターチェンジから車で3分ほどのアクセス良好な場所にあります。

近くには、幼稚園をはじめ、面瀬小学校や中学校があり、こちらも子育て中のご家族におすすめです。

こちらの分譲地の一画からは、現在NHKで放送中の朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』のヒロイン永浦百音の故郷となっている亀島(気仙沼大島)の亀山も望むことができる区画もあります。

前回紹介したグリーン住宅ポイント制度もあり、ライフスタイルに合わせた自分らしく、安心安全で家族が末永く暮らせる新築住宅をお考えの方、お住まいに関することなら、何でもお気軽にご相談下さい。

49-1.jpg49-2.jpg

2021/06/02
グリーン住宅ポイントで賢くお得に!
新築住宅の建築するかご購入で最大40万(特例要件なら100万)円相当のポイントが受け取れます!

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」。
これは江戸時代の俳人である山口素堂が、初夏の新緑の中で、ホトドギスの鳴き声を聞きながら、初鰹を食べるのが「粋」ということを詠んだ名句です。

初夏の代表的な食べ物の一つとして上げられる「初鰹」ですが、生鮮鰹の水揚げが21年連続日本一という宮城県気仙沼市で、「初鰹」の水揚げが始まりまして、街は活気づいております。

市内の鮮魚店やスーパーなどでも気仙沼で水揚げされた初鰹が並ぶようになりました。
梅雨入り前の初夏の青空に新緑が眩しく映える、気持ちがよい季節を迎えております。

さて、今回は、新築住宅を建築、もしくは新築の分譲住宅の購入を検討している皆様にお得な情報をお届けします。

国土交通省は、新築住宅の建築、もしくは購入を検討している方に最大で40万円相当のポイントが受け取れる「グリーン住宅ポイント制度事業」を行っております。

〔グリーン住宅ポイントとは?
グリーン社会の実現および地域における民需主導の好循環の実現等に資する住宅投資の喚起を通じて、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るため、
一定の性能を有する住宅を取得する者等に対して、「新たな日常」及び「防災」に対応した追加工事や様々な商品と交換できるポイントを発行する制度です。
引用:グリーン住宅ポイント事務局(https://greenpt.mlit.go.jp/)〕

所有者となる人が新たに注文住宅を新築するか、新築の分譲住宅を購入した場合に対象となります。

受け取れるポイントは、住宅の性能によって定められていて、高い省エネ性能等を有する住宅には、40万ポイント。(1ポイント=1円相当)
さらに東京圏の対象地域から移住などの特例条件のいずれかを満たしていると、さらに60万ポイントが加算され、100万ポイントを受け取れることになります。

受け取ったグリーン住宅ポイントは、自らが住むために一定の省エネ性能を有する住宅を取得する人に対して、「防災」や、テレワークや感染症予防などの「新たな日常」に対応した商品や、省エネ・環境配慮に優れた商品などの交換、追加工事などに充てることができます。

この大変お得なグリーン住宅ポイント制度は、今年の10月31日までに、新築住宅の工事請負契約か、新築分譲住宅の売買契約したものが対象となりますが、予算の執行状況により締め切られてしまいます。

新築住宅の建築、もしくは購入をご検討の方は、まずは早めのご相談を。

お住まいのことなら、ぜひ私たちヨシダホームに気軽にご相談ください。

48-1.jpg

2021/05/27
新築現場 順調です!
今年は、すでに九州から東海にかけて梅雨入りが発表されていて、例年になく全国的に梅雨入りが早いようですね。

気仙沼市がある東北地方南部は、例年ですと6月の中頃に梅雨入りが発表されます。まだ梅雨入り前ということで、現場での作業は、お天気に悩まされることなく順調に進められております。

先週は、当社から車で2分ほどのところにある気仙沼市長磯中原の現場で進められている新築住宅で、上棟式が執り行われました。

これからも順調に作業が進められますように、現場で働く皆さんには、このまま完成までご安全に、宜しくお願いいたします。

現在、進められているこの新築住宅は、ヨシダホームが自信をもって提供するパナソニックの『テクノストラクチャー工法』により建てられております。

テクノストラクチャーは、木造住宅でありながら、日本の住宅性能表示制度で最高等級の耐震等級3を取得できる性能を持つことができます。

耐震等級3は、数十年に一度クラスの地震では損傷しないで、数百年に一度発生するとされる大きな地震でも倒壊、崩壊しない性能を持つとされる建物に与えられます。
災害時の拠点となる消防署や警察署の多くが耐震等級3で建設されています。

またそんな強度を保ちながら、テクノストラクチャーの家では、大きな吹き抜けや、柱のない大きな空間など、自由度の高いデザインの家を実現することができます。

日本のジメジメとして鬱陶しい梅雨の時季でも、通気性のある広々とした居住空間で安全に快適な生活を送れるようなデザインにすることもちろん可能です。

テクノストラクチャーの家は、さまざまな断熱メニューを用意しており、断熱材で外気をシャットアウトし、通風や採光を考えた間取りにするなど「住まいの工夫」を行うことで、より省エネ性能の高い家づくりができます。

断熱性能をあげるには、家を建ててからでは対応が難しくなりますので、家を建てる前にぜひ検討しておきたい項目です。

ライフスタイルに合わせた自分らしく、安心安全で末永く暮らせる家づくり。

お住まいに関することなら、何でもお気軽にご相談下さい。

47-1.jpg47-2.jpg

2021/05/19
気仙沼と登米が舞台の朝ドラ「おかえりモネ」スタート&徳仙丈のツツジが見頃です
NHK朝の連続ドラマ小説『おかえりモネ』が、ついに始まりました。

冒頭から気仙沼市の魚市場が映し出されて、見知った場所が朝ドラに登場するのは、何か不思議な気持ちです。
これからどのようなドラマが展開するのか、とても楽しみです。
「おかえりモネ」の朝ドラ効果で、気仙沼市が注目されたら嬉しいです。

初夏を迎えて、これから気仙沼を訪れたいとお考えの人は、見頃を迎える徳仙丈山のツツジがおすすめです。

徳仙丈山は、標高711mの山で50ha(東京ドーム約10個分)もの広範囲に渡り、50万本とも言われるヤマツツジとレンゲツツジが自生する日本最大級のツツジの群生地です。
ツツジが徳仙丈山を深紅に染め、新緑との対比も鮮やかに見る者を魅了します。
さらに山頂からは、太平洋から北上高地までリアス式海岸特有の大パノラマの絶景を眺めることができます。

登山口は、気仙沼側と本吉側の2カ所あります。
どちらからでも山頂までは徒歩40〜60分ほど。
気仙沼口から登るルートには、山腹に2カ所の展望台が建てられています。
第一展望台は、どこまでも真っ赤に広がる「つつじが原」を眺められ、さらに登ったところにある第二展望台からは、真っ赤なツツジの奥に太平洋を眺めることができ、深紅と紺碧の雄大なコントラストは、ぜひ一度は見て頂きたい季節限定のオススメ・スポットです。

気仙沼側の登山口の周辺には、木の上にツリーハウスなどもあり、ツツジの時期を外しても、自然をのんびりと満喫することができます。

徳仙丈山には、気仙沼の市街地から30分ほどで約7合目(標高521m)にある駐車場まで車で登ることができます。

先日5月15日(土)に登山道の周辺だけ散策してみましたが、7、8部咲きでした。第一展望台(約8合目・標高600m)付近で五分咲きといったところでしょう。
今週末からいよいよ頂上付近も見頃になるのではないでしょうか?

気仙沼は、海と山に挟まれた自然が豊かで、美味しい自然の恵みもたくさんありません。

おかえりモネのように、気仙沼に戻って来たり、移り住んでくる人が増えたらいいなと思います。
そして、その時の住まいのことなら、ぜひ私たちヨシダホームに気軽にご相談くださいね。

46-1.jpg46-2.jpg

2021/05/14
一日も早い新型コロナの終息を願って
ゴールデンウィークもあっと言う間に過ぎてしまいました。

今年のゴールデンウィークも新型コロナウィルスの感染拡大防止ということで、なかなか遠出の旅行もできずに近場でのんびりと過ごす連休となりました。

1日も早い新型コロナウィルスの終息を願うばかりです。

なかなか鬱々とした話題が多い中で、皆さんに期待が持てる話題をひとつご提供します。

ヨシダホームが、正規代理店となっている無添加住宅の「オリジナル漆喰(しっくい)」は、バイオメディカルサイエンス研究会の試験で、ヒト・コロナウィルスを5分間で100%不活化(死滅)させるという結果を得ております。

無添加住宅公式サイト:https://www.mutenkahouse.co.jp/covid19/

ヒト・コロナウィルス(HCo-229E)は、新型コロナウィルス(COVID-19)とは異なるウイルス(遺伝子情報は90%合致)ですが、季節性の風邪などの原因となるウイルスです。

〔ヒトに日常的に感染する4種類のコロナウイルス(Human Coronavirus:HCoV)は、HCoV-229E、HCoV-OC43、HCoV-NL63、HCoV-HKU1である。
風邪の10〜15%(流行期35%)はこれら4種のコロナウイルスを原因とする。引用:国立感染症研究所公式サイトより〕

無添加住宅オリジナルしっくいの主成分は、消石灰(強アルカリ性水酸化カルシウム)。
この強アルカリ性は、タンパク質やリン脂質を分解する性質があるそうです。
それによりウィルスの膜を破壊して、ウイルスを不活化(死滅)させるとのことです。

無添加住宅のオリジナルしっくいについてご興味のある方は、お気軽にヨシダホームにお問い合わせ下さい。

末永く家族が安心して暮らせる家づくりのお手伝いをさせて頂きます。

※100%死滅は、検出限界以下であることを示しています。
※試験は「テストピース」を用いたもので、建物の性能を示すものではありません。

45-1.jpg

2021/05/06
いよいよ始まります!
宮城県気仙沼市と登米市が舞台となっているNHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』が、5月17日(月)からいよいよスタートします。

今回のNHK朝ドラ『おかえりモネ』は、気仙沼市の離島で生まれ育った、清原果耶さん演じるヒロインの永浦百音(ながうら ももね)が、隣町の登米市に移り住み、青春時代を過ごし、そこで「気象予報士」の魅力に惹かれ上京。
東京で気象予報士として得た経験を活かし、故郷 気仙沼に戻って活躍するようなお話とのことです。

〔“朝ドラ”第104作は、今を生きるすべての人に捧げたい、「現代ドラマ」です!
「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同・登米市で青春を送るヒロインが、“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けてゆく、希望の物語。
(引用:NHK「おかえりモネ」の公式サイトより)https://www.nhk.or.jp/okaerimone/cast/momone.html


NHKの朝ドラの舞台に気仙沼市が登場するなんて、本当に驚きと嬉しさでいっぱいですね。

市民がエキストラとして出るようで、ドラマの随所に知っている場所や人々が出てくるとなると、画面の隅々まで目を凝らして『おかえりモネ』を楽しまないとと今からワクワクしています。


『おかえりモネ』の公式サイトを何度も見てしまいますが、番組紹介のページを見ていると気になるところがあります。

ヒロインの百音は、全国の町を大型台風が直撃するのを目の当たりにして、故郷の役に立ちたいと気仙沼に帰る決意をするとのこと。

〔……数年後の2019年。予報士として一人前となった百音は、大型台風が全国の町を直撃するのを目の当たりにする。これまでに得た知識と技術を活かし、何とか故郷の役に立てないかと思った彼女は、家族や友人が待つ気仙沼へと向かう決意をする。
(引用:NHK「おかえりモネ」の公式サイトより)https://www.nhk.or.jp/okaerimone/about/index.html


この数十年で日本の自然災害による被害は増加傾向にあるという話しも聞きます。

朝ドラでは、どのように描かれるのか気になるところですが、大型台風などの自然災害は、家づくりに携わる身としても関心事のひとつです。

そこでおすすめなのが、パナソニックビルダーズグループのヨシダホームが提供する「AVANCER(アバンセ)」です。

テクノストラクチャー工法により、住宅性能表示制度最高クラスの耐震性だけでなく、500年に一度発生する暴風の1.2倍の力でも倒壊せず、50年に一度クラスの暴風では損傷もしない最高クラスの耐風等級2を取得できる性能を持ちます。

そんなしっかりとした強度を保ちながら、。お客様のライフスタイルやこだわりに沿った、建物や住空間の自由なデザインを可能にします。

おかえりモネのヒロイン百音さんのように、地元に戻って活躍したいとお考えの方も、お住まいのご相談は、ぜひヨシダホームにお気軽にご相談ください。

幸せな「未来」を皆さんに届けるべく希望の家づくりの実現に向けて親切丁寧にご対応いたします。

44-1.jpg44-2.jpg

2021/04/28
見えない部分だからこそ、基礎をしっかりと
当社から車で2分ほどのところにある気仙沼市長磯中原で、新築住宅の建設が始まりました!


先日、基礎工事中の現場の様子を見に行くと、基礎の鉄筋が組み終わったところでした。

今年の春は例年になく温かく、天候も穏やかで、順調に工事が進められているとのことでした。

現場で働くスタッフの皆さんには、このまま完成までご安全に宜しくお願い致します!



Panasonicビルダーズグループのヨシダホームでは、今回の新築住宅でもPanasonicテクノストラクチャーを採用した家づくりを行っております。

テクノストラクチャーは、専門スタッフによって、住宅の設計時に一棟一棟、388項目にも及ぶチェック項目による緻密な構造計算を行います。
また、災害シミュレーションも住宅の設計時に一棟一棟実施し、全ての項目がOKになるまで、妥協することなく改善を重ねます。

こうして建てられた住宅は、住宅性能表示制度において住宅の耐震性を示す「耐震等級3」の性能を持ちます。
これは建築基準法での耐震基準の1.5倍の地震力に耐えられる性能で、防災拠点となる消防署などを建てるのと同等の強さとなります。

また木造部分の要となる梁と接合部は、木と鉄のオリジナル複合梁「テクノビーム」を採用することで、木の梁と比べてたわみが少なくなります。

これにより地震に強いだけでなく、長い年月が経過しても梁のたわみに起因する骨組み全体の歪みが抑えられるので、末永く安心して暮らすことができます。

さらにテクノストラクチャー工法では、しっかりとした強度を保証することで、木造住宅でありながらデザインの自由度が高い設計が可能となり、自分らしさにこだわった家づくりを実現させることができます。

根拠のある強さで安心して末永く暮らせるお客様の夢のマイホームづくりのお手伝いをさせて頂きます。

住宅に関する事なら何でもお気軽にヨシダホームまで、ご相談&お問い合わせください

43-1.jpg43-2.jpg

2021/04/19
菖蒲沢・岩倉山
今年は、気仙沼でも例年よりも早く桜(ソメイヨシノ)が開花しています。

先日、ヨシダホームから車で5分ほどのところにある菖蒲沢に足を運んだ時には、沼のほとりの桜も見頃を迎えておりました。

この菖蒲沢は、戦国時代からある灌漑(かんがい)用のため池で、とても静かに水の音と野鳥のさえずりを聞きながら散策することができる穴場的スポットです。
冬には白鳥が飛来する市民の憩いの場として親しまれています。

また菖蒲沢の奥の山には、岩倉山があり中腹の森の中にひっそりと赤い鳥居があり、さらに奥に岩倉神社が鎮座しております。

歴史がある由緒ある神社のようですが、薄暗い森の中で、なかなか一人では行けない畏怖の念にかられる厳かな雰囲気が漂うパワースポットとなっています。

岩倉神社のさらに西側では、ヨシダホームが、昨年から山桜を植樹している丘陵地があります。
昨年は100本ほどの山桜「関山(カンザン)」を植樹しました。
しかし、残念ながら若木の樹皮をウサギに食べられてしまい、半分ほどが枯れてしまいました。

今年は、防護柵をしっかりと巻いて「ヤマザクラ」と「オオヤマザクラ」を80本ほど、3月下旬に植樹しました。

丘陵地からは太平洋が一望でき、訪れた日は天気が良くて、とても気持ちが良いリフレッシュした気持ちになりました。

丘陵地の他にも岩倉神社の奥、普通車では底を擦ってしまうような険しい坂道を登ったさきにも植樹、さらに山頂付近にも植樹していますが、普通車では登山できず今回は断念。。。

桜を植樹した土地は、一般の方の来山はお断りしていますが、いずれは市民に親しまれるような観光林にしたいとの思いをこめて、これからも植樹を続けていきます。

さて最後に宣伝も。
菖蒲沢から基幹農道を南に車で3分ほどの自然豊かで静かな気仙沼市本吉町寺沢地区にヨシダホームおすすめの分譲地があります。

またリニューアルオープンしたばかりの道の駅大谷海岸(JR大谷海岸駅)、三陸沿岸道の大谷海岸インターもあり交通のアクセスも良好です。
近くには大谷幼稚園や大谷小学校と中学校があり、田舎暮らしの移住・定住をお考え中の子育て家族におすすめです。

ご興味のある方は、お気軽にヨシダホームにご相談下さい!

42-1.jpg42-2.jpg

2021/04/12
モデルハウス 販売致します!!
先週の記事でご紹介した、モデルハウス『FORCASA(フォルカーサ)』について、もっと詳しくご紹介致します。

フォルカーサはこれからのマイホームづくりの参考にして欲しい、おすすめポイントがたくさんつまったモデルハウスです。

その一つ、パナソニックの『ベリティスクラフトレーベル』。
ベリティス クラフトレーベルは、好きな色に塗ってみる。自分の「好き」を飾って部屋づくりを楽しむ。自由にアレンジ&カスタマイズできる。
「クラフトレーベル」ならデザインやディテールにこだわった、お気に入りの空間がつくれます。

ご家族で「夢」を語り合いながら、部屋ごとにインテリアテイストをアレンジ&カスタマイズができ、さらに市販の塗料で好きな色にドアを塗装して、自分らしい部屋づくりを楽しむことができます。

さらに先進の高い技術力に裏付けされたパナソニック耐震住宅工法「テクノストラクチャー」を採用。
柱、桁、梁1本1本から緻密な構造計算を実施することにより、より確かな高強度で、高耐久を実現した家づくりで、地震に強く家族のかけがえのない命を守ります。
安心安全で、愛着をもって末長く暮らせる理想のマイホームを提供しております。


気仙沼市本吉町小金沢の緑に囲まれ太平洋を眺めることができる小高い丘にある静かな住宅地グリーンビレッジタウン内に建てられています。
先日の記事でも紹介しましたが、三陸沿岸道路大谷海岸I.C.にほど近く、どこに行くにも交通のアクセスが良く、道の駅大谷海岸がリニューアルオープンするなど注目を集める地域です。

見学して気に入って頂ければ、家具も含めてお譲りすることもできます。購入後も万全の体制でヨシダホームがアフターサポートいたします。

少しずつ「自分らしさ」を加えていくことで、家はどんどん「わが家」になっていく。
そんな暮らしをぜひお楽しみください。

モデルハウスの見学は、ご連絡を頂ければ、いつでもご案内いたします。
お気軽にお電話ください!

41-1.jpg41-2.jpg

2021/04/05
道の駅 大谷海岸オープン
「道の駅大谷海岸がリニューアルオープン!」

東日本大震災の津波で被災して、長らく仮設で営業を続けていた道の駅「大谷海岸」がリニューアルオープンしました。

オープン当日に行ってきましたが、関係者や地元の人、観光客など多くの人で賑わっておりました。
この道の駅の目の前は、太平洋が広がっていて、2階の展望エリアから見る景色は、最高に気持ちが良かったです。

1階の産直コーナーでは、気仙沼の新鮮な魚介類や野菜をはじめ、気仙沼と三陸沿岸の周辺地域から取り寄せたお土産なども取り揃えていて、観光客までお買い物を楽しむ姿がありました。

震災前には、道の駅の中にあった水槽でマンボウを飼育していたのですが、新しい道の駅でもマンボウが泳いでます。
とは言っても、本物では無くて観光情報コーナーの壁に映し出されたプロジェクションマッピングによる巨大な水槽。
マンボウやウミガメ、メカジキやクジラなどが優雅に泳ぐ様子がプロジェクションマッピングで映し出されていました。
マンボウは、口を半開きで目がギョロッとしてなかなか愛嬌のある姿をしていました。
センサーによって人の動きに合わせて魚たちも移動するらしいです。すごい技術ですよね。

さらに奥に行くとカフェテリアがあるのですが、ここの『ほんのりソフト』は、震災前に発売していた海苔を練り込んだソフトクリーム。
海苔の風味がほんのりして、塩気が絶妙に甘さを引き出していて美味しかったです。
気仙沼の名産フカヒレが入った「フカヒレソフト」もお試しあれ。

道の駅「大谷海岸」は、三陸沿岸道の「大谷海岸I.C.」を降りて、気仙沼市街地に向かって400mほど北上したところにあります。

「かなえ大橋」も開通して三陸沿岸道のアクセスも良くなり、道の駅「大谷海岸」は、これから多くの市民や観光客が訪れる地域の中心となりそうで、賑わう街になって欲しいなと思います。

ヨシダホームでは、新しくなった道の駅大谷海岸からほど近く、本吉町小金沢の小高い丘に素敵なモデルハウスを用意しております。
このモデルハウスは、自分好みにドアをアレンジ&カスタマイズできる「ベリティスクラフトレーベル」を採用し、大谷の海をイメージした爽やかなマリンブルーを基調とした素敵な空間を作り出しております。
また地震などに強い「テクノストラクチャー工法」を採用した、安全で自分らしい家づくりの参考になると思います。

ぜひご興味のある方は、お気軽にヨシダホームにまでお問い合わせください。

40-1.jpg40-2.jpg40-3.jpg

- Topics Board -